認知症高齢者を上手に介護するコツを学ぶ都民講座 2月4日に都庁で開催

2015年1月6日

患者の心を知ることで介護しやすくなる

東京都医学総合研究所は来年の2月4日に「第8回都民講座」を開催する。テーマは「認知症高齢者への対応のコツ~症状と心を理解する~」。

認知症を患う高齢者との関わり方は、介護する家族にとっても難しいもの。誤りを指摘したり問題行動を制止したりする行為が、結果として患者本人の怒りや困惑につながるケースも多い。

同講座では認知症の高齢者を家族に持つ人や介護者を対象に、病気の性質や症状を詳しく解説。問題行動を起こしてしまう患者自身の心の奥に迫り、患者を理解したうえで適切な対応を取るコツを伝授する。

認知症の専門家が講義を行う

講座を担当するのは、鈴鹿医療科学大学看護学部教授の葛原茂樹氏。神経難病や高齢者医療を専門とし、認知症医療と終末期ケアを研究テーマとする同氏が、認知症について分かりやすく解説する。

日時は平成27年2月4日の14:00~15:30、会場は都庁第一本庁舎5階大会議場。入場無料、定員490人。事前申込制で応募者多数の場合は抽選、申し込みはハガキにて1月19日消印有効だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
東京都医学総合研究所/平成26年度都医学研都民講座
鈴鹿医療科学大学/教育 看護学部 看護学科


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  5. 5今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  6. 6認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
  7. 7メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  8. 8「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る