世界初、京都府立医大がアルツハイマー病の血液診断法を開発

2017年10月2日

アルツハイマー病の迅速かつ正確な診断に大きな一歩

京都府立医科大学は、血液バイオマーカーを用いてアルツハイマー病を正確迅速に診断できる高感度・精密定量システムを世界で初めて開発しました。

研究にあたった分子脳病態解析学の徳田隆彦教授、京都府立医科大学在宅チーム医療推進学(神経内科学併任)の建部陽嗣特任助教らは、アルツハイマー病患者およびダウン症候群患者の脳に特異的に蓄積する病的蛋白質であり、大脳内での広がりが認知症の発症と直接的に関連していることがわかっているリン酸化タウ蛋白(p‐tau)に着目し、定量システムの開発を進めました。

従来の1,000倍の高感度

測定感度を従来の1,000倍まで高めることにより、これまで脳髄液中でした定量できなかった「リン酸化タウ蛋白」を血液から検出・定量することに成功、このシステムを用いてアルツハイマー病およびダウン症候群患者では、「リン酸化タウ蛋白」が増加していることを発見、診断に有用であることを示しました。

今後は、本研究成果をふまえ国内診断機器・試薬メーカーと実用化に向けた共同研究を検討していくとし、プレスリリースにおいて次のように語っています。
「今回我々が開発した新規の p-tau 定量システムは、採血によってアルツハイマー病の診断が迅速かつ正確にできるようになる可能性があり、日常診療から臨床研究までのすべての局面で、アルツハイマー病の診断過程を革新的に進歩させると考えられます。」

(本文中画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
京都府立医大、【論文掲載】アルツハイマー病の血液診断法の開発


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る