神奈川県大和市、タブレットで認知機能を検査

2017年9月24日

MCIの早期発見・予防につなげたい

神奈川県大和市は平成30年(2018年)1月から、タブレットを使用した認知機能検査のサービスを実施すると発表しました。他にも「はいかい高齢者個人賠償責任保険」、「シルバー・ドライブ・チェック」など認知症・高齢化施策を相次いで導入します。

保健師などと共に国立長寿医療研究センターが開発した認知機能評価アプリをインストールしたタブレット端末を操作し、設問等に答えていきます。回答は国立長寿医療研究センターに送られ、1週間以内に評価結果を受け取ることができます。

認知機能に問題がなければ結果が郵送され、MCI(軽度認知障害)が疑われる場合には、窓口や個別訪問で結果を説明、保健師が生活状況を確認、認知症予防の指導などを行います。認知症が疑われる時には医療・介護サービスの利用支援なども実施します。

本サービスは65歳以上が対象ですが、若年性認知症の疑いがる場合には64歳以下でもサービスを受けることができます。

65歳以上の人の認知症の割合は約16%ですが、これに加え「MCI(軽度認知障害)」の人も約13%いると言われており、国立長寿医療研究センターが開発した同アプリを導入し、MCIの改善や、認知症の予防・早期発見につなげたい考えです。

他にも認知症関連事業を推進

大和市では、「はいかい高齢者個人賠償責任保険」、「シルバー・ドライブ・チェック」といった認知症・高齢化関連の事業を実施します。「はいかい高齢者個人賠償責任保険」は、認知症による徘徊の恐れがある高齢者を被保険者として、市が保険契約者となって保険に加入します。

「シルバー・ドライブ・チェック」は、これまでも実施されていた、ドライブレコーダーを活用した高齢運転者の安全運転診断です。これまでは、70歳以上の市内在住者を対象に定員5名、4か月毎に行なっていましたが、定員を15名に拡大、2か月毎に実施することとなりました。

▼外部リンク
平成29年8月市長定例記者会見資料


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  8. 8レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  9. 9英国発「セラピューティック・ケア」、大阪・枚方で初の講座開催
  10. 10生活支援につながる栄養ケアで負担を軽くしたい ~【第2回】認知症…
このページの
上へ戻る