ホタテ・プラズマローゲンで、知的で前向きな生活をサポート!

2017年9月1日 PR

年齢を重ねるにつれ「会話の中で『あれ』や『それ』が増えた」などの悩みは体内のプラズマローゲンの減少が原因かもしれません。不足したプラズマローゲンに代わるものとしてホタテ由来のプラズマローゲンを外から補える画期的なサプリメントが開発されています。

知的な生活に役立つとされる注目成分「プラズマローゲン」

普段の生活の中で「テレビの内容についていけない」「会話の中で『あれ』や『それ』が増えた」「失敗が多くなった」などに心当たりはありませんか。ちょっとした物忘れなどは誰にでもあるものですが、あまりに頻繁だと生活にも支障をきたすようになります。

このような悩みに関わるとして注目されているのが、リン脂質の一種である「プラズマローゲン」。プラズマローゲンはすべての哺乳動物の体内に存在し、もちろん私たちの体内にも存在しています。私たちがなにかを考えたり行動したりすると、神経細胞は酸化により劣化します。プラズマローゲンにはこの酸化を防ぐ抗酸化作用があり、脳の神経細胞の酸化予防に役立つと考えられているのです。

もともと体内に存在するプラズマローゲンですが、生活習慣や加齢により減少します。冒頭で例を出したような「会話の中で『あれ』や『それ』が増えた」などの悩みは、このプラズマローゲンの減少が原因のひとつと考えられています。

ホタテから「プラズマローゲン」の抽出に成功、外からの補給が可能に

ホタテ貝のイメージ

抗酸化作用により脳のスムーズな働きのサポートが期待できるプラズマローゲンですが、加齢による減少は大きな課題とされています。そんな中、「プラズマローゲンを外から補う方法はないか」という考えから、世界で初めてホタテ貝からのプラズマローゲン抽出を成功させたのが、九州大学名誉教授の藤野武彦医師のグループです。プラズマローゲン研究の第一人者である藤野医師は、さまざまな動物のプラズマローゲンを研究し、ホタテ由来のものがもっとも高品質であることを突き止めました。そしてビーアンドエス・コーポレーションとの共同研究により、ホタテ・プラズマローゲンをサプリメントとして製品化することに成功。事実、プラズマローゲンを外から補うことが可能となったのです。

ホタテ・プラズマローゲンの試験論文が海外医学誌にも掲載

藤野医師の研究チームによるホタテ・プラズマローゲンの学習記憶改善効果の研究論文が、世界的権威のある医学誌「The Lancet」の姉妹誌である「EBioMedicine」3月号に掲載されました。研究は、軽度のアルツハイマー病および軽度の認知障害をもつ患者を対象にホタテ由来のプラズマローゲンの経口投与による効果を二重盲検試験において調査したもので、サプリメントとしては異例とも言える厳重な条件のもとで行われました。その試験結果では、ホタテ・プラズマローゲンの経口摂取により記憶機能改善が期待できることが示されています。

プラズマローゲン研究会も推奨

プラズマローゲンには「エタノールアミン型」と「コリン型」の2つの型があり、ヒトの脳には「エタノールアミン型」が多く含まれています。ホタテ・プラズマローゲンには「エタノールアミン型」が多く含まれるため、ヒトの脳に近いといえます。さらに、ホタテ・プラズマローゲンには、DHA・EPAなど健やかな生活には欠かすことのできない不飽和脂肪酸が結合されています。DHA・EPAは体内で合成することができないため、外から補給するしかありません。そういった面でもホタテ・プラズマローゲンは非常に優れているとされており、藤野医師が理事をつとめるプラズマローゲン研究会でもホタテ・プラズマローゲンを推奨しています。ただし、ホタテをそのまま食べても体内でプラズマローゲンを抽出することはできず、特殊抽出によって得られたホタテ・プラズマローゲンを摂取することが重要となります。

ホタテ・プラズマローゲンをサプリで補給!10日間お試しキャンペーンスタート!

ホタテ プラズマローゲン配合プラズマローゲンS
ホタテ プラズマローゲン配合のプラズマローゲンSハードカプセル

二重盲検試験の論文が海外医学誌にも掲載され注目を浴びているホタテ・プラズマローゲン。そのホタテ・プラズマローゲンを粉末化・ナノカプセル化したサプリメントがビーアンドエス・コーポレーションより販売されています。

2017年3月に竣工したビーアンドエス・コーポレーションの八王子研究開発センターでは、世界初の新技術により、北海道と青森産のホタテから高純度のプラズマローゲンを抽出。健康補助食品GMPを取得したビーアンドエス・コーポレーション富士工場で製品化されています。

※GMPとは、Good Manufacturing Practice の略で日本語では「適正製造規範」。厚生労働省の「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」(ガイドライン)に基づき、 原料から製品に至るまでの品質と安全性の確保を図る目的で定められています

ビーアンドエス・コーポレーションの八王子研究開発センター内部の様子
ビーアンドエス・コーポレーション 八王子研究開発センターの抽出場

このように医学誌でも注目を集め厳格な安全基準に基づいて製造されているビーアンドエス・コーポレーションのサプリメントは、たったの2粒で1000μgのホタテ・プラズマローゲンの摂取が可能です。2017年6月より、論文掲載を記念しての10日間お試しキャンペーンがスタート。10日間分20粒が通常の約48%オフの1,980円(送料無料)で試せます。この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  9. 9米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る