認知症予防にも。ごはんを主食とした「日本型食生活」を提案

2014年12月12日

食育健康サミット2014が開催された

2014年11月27日(木)に「食育健康サミット2014」が日本医師会、米穀安定供給確保支援機構の主催で開催された。サミットのテーマは、性・年齢別疾病の発症予防・重症化予防と日本型食生活の役割をだ。

同サミットは、医師、栄養士を対象に毎年開催される。サミットでは、神奈川県立保健福祉大学学長である中村 丁次先生他3名の専門家による講演とパネルディスカッションが実施された。会場に集まった参加者は、医師や栄養士など724名。

4つのテーマで基調講演

講演テーマは、「生活習慣病の発症予防・重症化予防のための食事処方(性・年齢別の栄養問題を踏まえて)」、「若い女性のやせ志向と危惧される次世代の生活習慣病リスク」。

「中高年の肥満対策と生活習慣病予防のための食事処方、「齢者の介護予防・虚弱(フレイル)予防のための食の在り方」が講演した。

「高齢者の介護予防・虚弱(フレイル)予防のための食の在り方」の講演では

名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学 教授 葛谷 雅文氏が高齢者の介護予防について講演した。

その中で、今後、高齢社会における栄養の問題が、健康寿命の延伸延長、介護予防の視点から重要性が高まっていること、認知症、骨折や転倒、衰弱などの要因にもなっていることなどが話された

(画像は米穀安定供給確保支援機構ホームページより)

▼外部リンク
公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る