「Health 2.0 Asia – Japan 2017」(12月5日・6日)、 参加者募集を開始

2017年8月27日

世界最大規模のグローバルカンファレンス

2017年12月5日(火)、6日(水)の2日間、東京・渋谷ヒカリエホールにて「Health 2.0 Asia – Japan 2017」が開催されることとなり、公式サイトをオープン、参加申込みの受付、デモ登壇およびボランティスタッフの募集が開始されました。
「Health 2.0」とは、医療・ヘルスケア分野における最新のテクノロジー(ヘルステック)とそれを活用した先進事例を紹介する、世界最大規模のグローバルカンファレンスです。

日本における「Health 2.0 Asia – Japan」は、2015年に始まり第3回目。 2017年度のメインテーマは「Platform Arises」です。世界中のヘルスケア市場に急速な変容と拡大が起こる中、日本は高齢先進国かつ巨大市場として世界中から注目を集めています。

本カンファレンスでは、米国、欧州、アジアのイノベーターと、日本のキープレイヤーが一堂に会し、最新技術を活かしたソリューションやコラボレーションについて議論します。ヘルステックの最先端に触れつつ、キーパーソンたちとつながることのできる2日間となっています。参加概要やプログラムについては以下のとおりです。

開催概要

名称:Health 2.0 Asia – Japan 2017
開催日:2017年12月5日(火)、12月6日(水)
開催場所:ヒカリエホール(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9階)
主催:Health 2.0 LLC、メドピア株式会社
参加費:
 Regular(pre-early bird):¥54,000(税込)【~8月27日】
 Regular(early bird):¥75,600(税込)【8月28日~10月29日】
 Regular:¥91,800(税込)【10月30日~】
 ※スタートアップ割引(¥10,800)、学生割引(¥5,400)あり
公式サイト:https://www.health2conjapan.com
公式SNS:Facebook:https://www.facebook.com/health2japan/
Twitter:https://twitter.com/Health2_Japan

主なプログラム

〈Day1(12月5日)〉
・オープニングダイアログ
・日本・アメリカのヘルステック動向
・政府によるベンチャー支援施策
・プラットフォーム化する疾病~糖尿病~
・Deep Dive MSD(Healthtech Program)
・VRはもはや現実である
・日本のモノづくり~ロボットの進化~
・ピッチコンテスト
・先輩起業家に学べ
・Day1 ラップアップ

〈Day2(12月6日)〉
・2018年診療報酬改定に向けて
・AIで描く未来
・Fire-side chat デバイスの身体導入で起こり得るセキュリティ問題
・アート、エンターテインメント×医療
・遠隔診療の進歩
・Keynote:患者体験を強化する
・PE/PI(Patient Experience/ Patient Interface)
・爆発的成長を見せる認知症市場
・地域包括ケアシステムの活かし方
・テクノロジーで健康/スポーツ体験を向上させる(2020年に向けて)
・「最先端」の医師たち
※2日間とも、プログラムの合間にネットワーキングタイムや昼食、終了後のレセプションがあります。

(写真は公式HPより)

▼外部リンク
メドピア、ヘルステックのグローバルカンファレンス「Health 2.0 Asia – Japan 2017」を12月5日・6日に開催


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  9. 9米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る