開発中の薬の74%が画期的新薬となる可能性

2017年8月9日

これまでに存在しなかった新たなアプローチ

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、7月18日、世界で臨床開発段階にある医薬品の74%が、これまでに存在しなかった新たなアプローチによって病気と闘う、ファースト・イン・クラス(画期的新薬)の医薬品となる可能性を秘めていると発表しました。

アルツハイマー病は143件が画期的新薬の可能性

この発表は、「バイオ医薬品のパイプライン:臨床開発段階にある革新的な治療法」という報告書の中で発表されたものです。報告書では、医薬品開発の世界的現状をふまえ、バイオ医薬品業界の研究者たちが現在追究している新たなアプローチについて検証しています。

今回の報告書では、神経系疾患の分野ではアルツハイマー病143件、パーキンソン病67件、筋萎縮性側索硬化症(ALS)29件を含む700件が。がんを含む腫瘍学の分野では4,000件超、心血管疾患では450件が、新たなアプローチによる治療法であり、臨床開発段階にあると分析しています。

アルツハイマー病は、未だ根本的な治療薬が見出されていません。その中で、このような新たなアプローチによる新薬の開発が盛んに行われているということは、たいへん重要で頼もしい事実です。

この報告書の全文は、外部リンクよりご覧頂けます。(英文のみ)


▼外部リンク
米国研究製薬工業協会プレスリリース
報告書全文(英文)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  5. 5今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  6. 6認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
  7. 7メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  8. 8「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る