開発中の薬の74%が画期的新薬となる可能性

2017年8月9日

これまでに存在しなかった新たなアプローチ

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、7月18日、世界で臨床開発段階にある医薬品の74%が、これまでに存在しなかった新たなアプローチによって病気と闘う、ファースト・イン・クラス(画期的新薬)の医薬品となる可能性を秘めていると発表しました。

アルツハイマー病は143件が画期的新薬の可能性

この発表は、「バイオ医薬品のパイプライン:臨床開発段階にある革新的な治療法」という報告書の中で発表されたものです。報告書では、医薬品開発の世界的現状をふまえ、バイオ医薬品業界の研究者たちが現在追究している新たなアプローチについて検証しています。

今回の報告書では、神経系疾患の分野ではアルツハイマー病143件、パーキンソン病67件、筋萎縮性側索硬化症(ALS)29件を含む700件が。がんを含む腫瘍学の分野では4,000件超、心血管疾患では450件が、新たなアプローチによる治療法であり、臨床開発段階にあると分析しています。

アルツハイマー病は、未だ根本的な治療薬が見出されていません。その中で、このような新たなアプローチによる新薬の開発が盛んに行われているということは、たいへん重要で頼もしい事実です。

この報告書の全文は、外部リンクよりご覧頂けます。(英文のみ)


▼外部リンク
米国研究製薬工業協会プレスリリース
報告書全文(英文)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7認知症進行、自宅で予防するアプリ
  8. 8若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  9. 9BCC社のレクカフェモデル事業、日本財団等の支援受ける
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る