大京グループ、「介護離職ゼロ」に向けた取り組みを開始

2017年7月30日

社員が健康で安全に働けることは全ての基本

マンション事業を展開する大京グループは、社会問題化する介護離職に対処するため、介護離職ゼロを目指した取り組みを開始するとともに、厚生労働省の「両立支援ひろば」に登録、仕事と介護の両立を支援する企業の証である「トモニン」マークを使用することとなりました。

みずほ情報総研が行った2017年3月の調査によれば、誰にも相談できずに退職する人が 47.8%に上ることが明らかになるなど、企業の体制づくりが不可欠な状況となっています。大京グループでも、社員アンケートを行い、その結果今後 5 年間で全社員の 3 人に 1 人が介護に関わる可能性があると予想されています。

365日24時間介護相談ほっとラインを開設

これまでも、育児・介護休業や休暇、勤務時間の配慮などの他、「積み立て保存休暇の利用」、「セレクト在宅勤務制度の導入」、「認知症サポーター養成講座の受講」など独自制度による両立支援を行ってきました。

今回はこれら加え、社員の認識と知識を高める「仕事と介護の両立支援ハンドブックの作成」 、外部の専門家による専用の電話相談窓口「365日24時間介護相談ほっとラインの開設」が行われました。介護相談ホットラインは、大京グループに在籍する社員(契約社員、管理員、臨時従業員を含む)とその家族 、さらに、介護状態になっていない人でも利用可能となっています。

高齢出産により育児と親の介護が重なる「ダブルケア」や、自分自身の病気・療養と親の介護と重なるケースなど、企業の力が必要となる場面は今後も増加していくと考えられます。大京グループでは「社員自身の健康づくりや、仕事と育児や介護、看護、治療などを両立しながら長く働き続けられる職場づくりを目指し、各種制度を整えていく」としています。

▼外部リンク
大京グループ、「介護離職ゼロ」に向けた取り組みを開始


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 38/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  4. 4認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る