小林製薬、東京大学に「認知症先進予防治療学」社会連携講座を開講

2017年7月11日

認知症予防や治療に関する基礎研究

小林製薬株式会社(大阪府大阪市)と国立大学法人東京大学は、7月1日付で、同大大学院医学系研究科に認知症予防に関する共同研究を行う、社会連携講座「認知症先進予防治療学」を開講しました。

厚労省によれば、認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値が発表されています。これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となります。
小林製薬では、2016年に記憶力維持を表示した機能性表示食品「イチョウ薬」、2017年6月には一般用医薬品として生薬オンジを配合した、物忘れ改善薬「ワスノン」を発売するなど、認知症予防に関連する商品を発売してきました。

認知症発症メカニズムの解明を目指す

認知症のメカニズムは現在に至るまで完全に解明されていません。本連携講座では、アルツハイマー病をはじめとする認知症の発症メカニズムの解明から予防や治療に繋がる技術開発を行います。

設置期間は平成29年7月1日〜平成32年6月30日、担当教員は橋本唯史(特任准教授)、井原涼子(特任助教)、協力講座は東京大学大学院医学系研究科 神経病理学分野(岩坪威 教授)となっています。

▼外部リンク
小林製薬、東京大学に「認知症先進予防治療学」社会連携講座を開講


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  7. 7今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  8. 8認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
  9. 9パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
このページの
上へ戻る