認知症について学び、ともに考えるイベントを開催(仙台)

2017年7月8日

認知症医療の最前線や予防について講演とディスカッション

8月27日、仙台市で認知症医療の最前線や予防について学び、考えるイベントが開催されます。

日本認知症学会理事で東北大学教授の荒井啓行氏が「認知症医療最前線〜現状と今後の課題〜」について講演をしたのち、主催の東北文化大学の教授らによる「認知症の予防そして治療へ」と題したパネルディスカッションが行われます。

参加費無料、先着80名

日時:8月27日(日)午後2:00 ~4:30(受付1:30開始)
場所:仙台市シルバーセンター
登壇者:荒井啓行氏
    高木大輔氏
    北川公路氏
    津田丈秀氏
参加費:無料
定員:先着80名
申込み:ハガキ、FAX、メールのいずれかに、氏名・郵便番号・住所・電話番号・参加人数を記入し、下記問い合わせ先にお申込みください。
問合せ:東北文化学園大学 地域連携センター

イベントについての詳細は外部リンクよりご覧ください。

(画像はポスターより)

▼外部リンク
東北文化学園大学 TOPICS&NEWS


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る