健康寿命を延ばすためのスマートフォン、“いきいきスマホ”発売

2017年7月21日

歩行速度測定による健康寿命延伸アプリを搭載

InfoDeliver社から発売された「いきいきスマホ」は、日常の歩行速度測定により、健康寿命延伸や認知症リスクの予防に役立てる世界初のスマートフォン・アプリ『未病テック・アプリ』を搭載し、サポートサービスをセットにした商品となっています。

搭載された『未病テック・アプリ』は、毎日自動的に利用者の歩行速度を測定して健康管理を行い、3か月毎にデータに基づいた分析レポートが郵送されます。歩行速度は、健康度を手軽に測ることのできる客観的指標として非常に注目を集めており、運動・食事・生活習慣などの影響が、すべて歩行速度に表れるとされています。

歩行速度を継続的に分析することで、身体機能面の評価だけでなく、将来の認知機能低下のリスク予兆を早期に掴み、健康寿命の延伸に向けた予防活動を適切に促すことできます。

スマートフォン自体も、高齢者向けに携帯電話と同じ様な使い勝手の、安心できる日本製です。通信会社は、NTTドコモの通信網を格安で利用できるMVNOとなっており、利用料も端末代や電話サポートなど込みで月3,980円(税別)と抑えられています。

スマートフォンやアプリの扱いに困った時は、高齢者に寄り添った応対サービス提供で実績のあるInfoDeliver社の「札幌コンシェルジュ・センター」が電話等でサポートしてくれます。電源を入れればすぐに使えるよう初期設定を完了して届けてくれるのも、ありがたいところです。

AIの活用も視野に、高齢者向けの総合プラットフォームを目指す

発売元のInfoDeliver社は、『未病テック・アプリ』上に、食べものや運動習慣の改善、スマートフォンとAI(人工知能)の活用によるコミュニケーションの活発化や地域活動との連携促進、見まもりや家族との情報連携、シニア向けの仕事のマッチングなど、生きがいの創造に向けたサービスを順次拡大し、『未病テック・プラットフォーム』として発展させていきたいとしています。

(画像はHPより)

▼外部リンク
健康寿命を延ばせるスマートフォン“いきいきスマホ”を発売 - 歩行速度測定による健康寿命延伸アプリを搭載 -


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る