認知症患者の5人に1人は抗精神病薬の処方経験。医療経済研究機構の最新研究より

2014年11月13日

認知症患者へ向精神薬が処方されるケースを調査

医療経済研究機構研究員の奥村泰之氏らによるグループは、「認知症患者への向精神薬処方の経年変化に関する研究について」を、「International Psychogeriatrics」誌(オンライン版)に発表した。

同研究では認知症を患う人の症状として挙げられる妄想、幻覚、攻撃性などの行動や心理症状について、緩和策として向精神薬がどの程度用いられているかについて調査を行った。

2002年から2010年に厚生労働省が行った「社会医療診療行為別調査」を二次的に分析。ドネペジル(抗認知症薬)の処方を受けた65歳以上の外来患者15,591人を研究対象とした。

向精神薬の投与数は微増傾向に

2008年~2010年において、認知症患者に抗精神病薬が処方された数は全体の21%で、約5人に1人の割合であった。2002年~2004年と比較すると1.1倍増となり、投与数は微増傾向にあることが判明した。

使用された抗精神病薬の種類に関しては、2002年~2004年と2008年~2010年の比較において「第一世代抗精神病薬」は減少、「第二世代抗精神病薬」は増加し、薬の切り替えが進んでいるとみられる。

2008年~2010年に認知症患者へ投与された向精神薬については、抗不安薬の処方割合は12%、バルプロ酸ナトリウム(気分安定薬)の処方割合は1.9%。ただしこれらの薬については、諸外国の調査において投与する根拠がないともいわれており、使用に際しては注意が必要である。

(画像は医療経済研究機構のホームページより)

▼外部リンク
医療経済研究機構 プレスリリース「認知症患者への向精神薬処方の経年変化に関する研究について」
医療経済研究機構


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 38/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  4. 4認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る