富士フイルムRIファーマと日本イーライリリーがアルツハイマー検査薬の共同開発契約

2014年11月10日

florbetapir(18F)注射液

富士フイルムRIファーマ株式会社と日本イーライリリー株式会社は、11月4日、PET検査で脳内アミロイドβプラークを可視化する放射性医薬品「florbetapir(18F)注射液」の、日本国内における共同開発契約を締結したと発表。

日本イーライリリーは、アメリカに本社を置くイーライリリー・アンド・カンパニーの子会社で、さまざまな医薬品の輸入・開発・製造・販売をおこなっている。

アミロイドβの脳内蓄積

現在日本では、高齢化社会の進展にともない、アルツハイマー型認知症が年々増えつつある。アルツハイマーの原因としては、タンパク質であるアミロイドβが、脳内で異常に蓄積することがあげられている。

この蓄積は、アルツハイマー型認知症が発症する15~20年前から、すでに始まっているという。また、アルツハイマー型認知症の診断には、放射性医薬品を用いたPET検査で、アミロイドβを検出する手法が有効であると期待されている。

放射性医薬品市場に参入

一方富士フイルム株式会社は、脳疾患や心臓疾患、腫瘍などの機能診断に役立つPET(陽電子放射断層撮影)検査用の放射性医薬品市場に参入。今後、約60億円を投資し、大阪府茨木市と神奈川県川崎市に研究開発拠点を新設する予定だ。

これまで富士フイルムは、子会社である富士フイルムRIファーマを通じて、主にSPECT検査領域での事業を展開してきた。今後は、アミロイドβ検出用薬剤の研究開発に取り組み、PET検査領域にも、事業を拡大していく方針だ。

富士フイルムRIファーマと日本イーライリリーは、日本における「florbetapir(18F)注射液」の共同開発体制を構築し、同剤を使用した認知症の診断精度の向上をめざしていく。

(画像はホームページより)

▼外部リンク
富士フイルムRIファーマ株式会社/日本イーライリリー株式会社 プレスリリース
富士フイルム株式会社 プレスリリース
富士フイルムRIファーマ株式会社 ホームページ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る