認知症最新ニュース

富士フイルムRIファーマと日本イーライリリーがアルツハイマー検査薬の共同開発契約

2014年11月10日

florbetapir(18F)注射液
富士フイルムRIファーマ株式会社と日本イーライリリー株式会社は、11月4日、PET検査で脳内アミロイドβプラークを可視化する放射性医薬品「florbetapir(18F)注射液」の、日本国内における共同開発契約を締結したと発表。

日本イーライリリーは、アメリカに本社を置くイーライリリー・アンド・カンパニーの子会社で、さまざまな医薬品の輸入・開発・製造・販売をおこなっている。

アミロイドβの脳内蓄積
現在日本では、高齢化社会の進展にともない、アルツハイマー型認知症が年々増えつつある。アルツハイマーの原因としては、タンパク質であるアミロイドβが、脳内で異常に蓄積することがあげられている。

この蓄積は、アルツハイマー型認知症が発症する15~20年前から、すでに始まっているという。また、アルツハイマー型認知症の診断には、放射性医薬品を用いたPET検査で、アミロイドβを検出する手法が有効であると期待されている。

放射性医薬品市場に参入
一方富士フイルム株式会社は、脳疾患や心臓疾患、腫瘍などの機能診断に役立つPET(陽電子放射断層撮影)検査用の放射性医薬品市場に参入。今後、約60億円を投資し、大阪府茨木市と神奈川県川崎市に研究開発拠点を新設する予定だ。

これまで富士フイルムは、子会社である富士フイルムRIファーマを通じて、主にSPECT検査領域での事業を展開してきた。今後は、アミロイドβ検出用薬剤の研究開発に取り組み、PET検査領域にも、事業を拡大していく方針だ。

富士フイルムRIファーマと日本イーライリリーは、日本における「florbetapir(18F)注射液」の共同開発体制を構築し、同剤を使用した認知症の診断精度の向上をめざしていく。

(画像はホームページより)


▼外部リンク

富士フイルムRIファーマ株式会社/日本イーライリリー株式会社 プレスリリース
http://fri.fujifilm.co.jp/information/pdf/141104_01.pdf

富士フイルム株式会社 プレスリリース
http://www.fujifilm.co.jp/articleffnr_0932.html

富士フイルムRIファーマ株式会社 ホームページ
http://fri.fujifilm.co.jp/index.html

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  5. 5介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  7. 7【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  8. 8医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
  9. 9東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  10. 10連休中に読みたい!認知症関連書籍 新刊案内
このページの
上へ戻る