連休中に読みたい!認知症関連書籍 新刊案内

2017年4月30日

『告白します、僕は多くの認知症患者を殺しました。 まちがいだらけの日本の認知症医療』

日本の認知症治療に対する強烈な問題提起です。当然のことながら、タイトルの文言は、日本における認知症治療のあり方は、全体として少なからぬ患者を殺しているということです。医師としてそれに加担していた著者の痛烈な反省と、「コウノメソッド」との出会いによる、そこからの脱出、認知症患者と家族を救う現在の活動が記されています。

▼購入はこちらから

『認知症の人がズボラに食習慣を変えただけでみるみる回復する!』

認知症の原因が食べ物である、というこれまた衝撃的な内容です。カリフォルニア大学やラッシュ大学医療センターなど、米国最先端の研究成果に基づき、認知症が止まる食べ物、避けるべき食べ物を紹介しています。食べ方や食べ物を変えると認知症が激減するという本書は、認知症で苦しむ患者とその家族におすすめの一冊となっています。

▼購入はこちらから

『1日5分! 脳波で実証! 物忘れ&認知症予防 速読脳トレ』

脳を活性化させることで、加齢による認知症を予防できるという本書。「誰にでもできる頑張らない速読」をモットーに全国でセミナーを開催している、速読コンサルタントの著者が、その効果、具体的な方法などを述べています。速読といっても、いわゆる本をもの凄いスピードで読む速読ではなく、多くの情報を脳に送り、脳を活性化させることを指しています。

▼購入はこちらから

『コウノメソッドでみる 認知症診療』

長年の経験にもとづいて開発された認知症治療体系「コウノメソッド」の入門書。話題となった初版から約4年、多くの改定要望、4年間の成果を反映させ、全面改訂されたのが本書です。認知症専門医でないかかりつけ医が、特殊検査なしに認知症を診断・治療する術が詰まった実践の書です。

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る