ウォーキングの新黄金律、日本直販とミズノが協業企画

2017年5月1日

5000人の24時間365日の生活行動を15年間研究

通販ブランド「日本直販」が、スポーツ用品大手「ミズノ」の提唱する健康寿命をのばすウォーキング「大人歩活動(おとなぶかつどう)」をテーマに、ウォーキングアイテムの販売を開始しました。

「大人歩活動」とは、医学博士の青栁幸利博士(東京都健康長寿医療センター研究所運動科学研究室長)が、故郷の群馬県中之条町の65歳以上の住民5000人を対象に、15年以上にわたって24時間365日の生活行動データを調査・分析した研究成果をもとに導き出された新たなウォーキング理論。認知症やうつ病などの病気を予防できる基準も、この研究により明らかになりました。

認知症を予防できる歩数のラインも明らかに

この青栁博士の研究によると、1日約8,000歩のうち“速歩き”などの中強度の活動時間を約20分している人は、それ以下の人と比べ、高血圧や糖尿病の発症率が低いことがわかりました。また同様に、認知症や心疾患などは1日約5,000歩、うつ病は4,000歩、動脈硬化や骨粗しょう症は7,000歩など、病気によって予防できる歩数のラインが異なることが明らかになったのです。

そして導き出されたウォーキングの黄金律は「1日約8,000歩の中に、速歩きなど “中強度”の運動20分程度」。従来言われてきたように、1日10,000歩をただ歩けばよいのではなく、健康を維持するためのウォーキングには「量」だけではなく「質」も大切だと判明しました。

病気を予防し健康長寿になるウォーキングを実現

ミズノは、上記のウォーキング理論を日常的に簡単に実践するため「大人歩活動セット」を日本直販から販売開始。これは、青栁博士が監修した「活動量計」と、歩行に最適な「ウォーキングシューズ」、青栁博士の理論や歩き方、歩きを習慣づける方法などを書いた本がセットになったものです。同商品は、旅行会社のクラブツーリズムの媒体「クラブツーリズムスタイル」でも展開。このセットを使用することで、ウォーキングに意識的に速歩きを取り入れ、病気を予防して健康長寿を実現する歩きを習慣づけることができるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
日本直販商品ページ
トランス・コスモス株式会社(日本通販)プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「これは効く」専門医が認めた療法 認知症関連書籍 新刊案内
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  10. 10認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
このページの
上へ戻る