細胞ストレスを光で可視化できるマウスを開発

2017年4月19日

ストレスが生じた時にストレスが生じた部分だけを可視化

株式会社トランスジェニックと学校法人金沢医科大学、国立大学法人熊本大学の共同研究チームが、目でみえない細胞ストレスを、ストレスが生じた時にストレスが生じた部分だけ、光によって可視化することができる「UMAIマウス」の開発に成功しました。この共同研究成果は「Scientific Reports」に掲載されました。

株式会社トランスジェニックは、遺伝子破壊マウスの作製や大学・製薬企業等の研究機関への遺伝子情報の提供、試薬販売などを行う会社です。

アルツハイマー病の研究、予防・治療にも

細胞ストレスとは、細胞レベルのストレスのこと。低酸素ストレスなどの組織内要因(細胞外)で生じるストレスと、酸化ストレスや小胞体ストレスなど細胞内のストレスがあり、様々な疾患に関与していることが報告されています。

その細胞ストレスのうち小胞体ストレスとは、細胞内でタンパク質の製造や品質管理をする小胞体に、不具合で生じた変性タンパク質(不良品タンパク質)が蓄積することで引き起こされるストレスのこと。変性タンパク質が細胞内に蓄積すると、細胞死が誘導され、メタボリックシンドロームやガンだけでなく、アルツハイマーなどの神経変性疾患の要因になると考えられています。

UMAIマウスの開発は、細胞ストレスとアルツハイマーなどの疾患との関係のさらなる研究や、予防・治療に今後役立つ可能性を秘めています。
(画像はイメージ)

▼外部リンク
株式会社トランスジェニック
株式会社トランスジェニックプレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  5. 5認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  6. 6ユニマチュードを学ぶ。「介護職の知っておきたい認知症の診断・治療…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  8. 8東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  9. 9ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る