金融機関にできること、認知症の支援者サポート

2017年4月10日

みずほ情報総研、研究レポート2017

みずほ情報総研では、「認知症の人への金銭管理の支援実態と課題」について、2017年の研究レポートを発表。認知症支援者が負担に感じている「金銭管理」について、金融機関も支援を行うべきだと述べています。

調査で浮き彫りになったのが「金銭管理」

同レポートでは、過去3年で認知症の家族を支援したことのある、40代以上の男女2,000人の回答を統計に出しています。

認知症をランク別に分類し、介護した割合を提示。「症状が軽く自立できる状態」のランクⅠは21%、「注意すれば自立できる」ランクⅡは29%。「介護が必要」なランクⅢは25%、「目を離せない状態」のランクⅣは20%という結果です。

難しいのは、認知症の金銭管理支援。「ATMが利用できない」、「窓口相談が困難」「計算できない」などの理由ですが、認知症ランクが低ければ「本人に分かるよう説明するのが困難」であり、ランクが高いと「本人の同意や委任が得られない」こと。

金融機関の支援者向けサービスを

認知症支援者が設けてほしい金融サービスは、「来店できない場合、届け出た代理人による手続き委任サービス」「入院支払いの自動振り込み」「営業時間外の窓口対応」など。

認知症高齢者は、2015年で約500万人。そのうち7割が在宅で生活している。2025年には700万人に増加するといわれています。

認知症初期は詐欺などの被害も少なくない。支援者と連携した金融機関の財産管理が求められるでしょう。


▼外部リンク
みずほ情報総研 研究レポート


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  7. 7国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る