カフェイン摂取が認知症治療に役立つ可能性(インディアナ大学)

2017年3月29日

昨年に引き続き、新たな可能性を発表したインディアナ大学

認知症は、アミロイドβやタウタンパク質の異常な蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が主な原因と言われています。

インディアナ大学ブルーミントン校のHui-Chen Lu氏の研究チームは、2016年にNMNAT2と呼ばれる酵素を発見。この酵素は脳内でタウタンパク質を監視する機能と、ストレスからニューロンを守る機能を有し、認知症予防に効果が期待されています。

2017年3月、24種類の化合物にそのNMNAT2を増やす働きがあり、コーヒーなどに含まれるカフェインもその一つであることが確認されました。

身近なカフェインが認知症治療の鍵に?

今回の研究は、NMNAT2の生産に寄与する物質を特定するため、1280種の化合物をスクリーニングするというもの。結果として、カフェインを含む24種の物質が特定されています。

研究は、遺伝子操作されたマウスを利用。以前の調査でもアルツハイマー状態のマウスにカフェインを投与したところ、認知機能の改善が見られたという結果が出ており、認知症の予防や改善への発展が期待されているのです。

Lu氏は、認知症治療における可能性を探るために、今回特定された化合物の、体内での役割を理解することが重要と述べています。

▼外部リンク
■インディアナ大学NEWS ROOM(英文)
■Screening with an NMNAT2-MSD platform identifies small molecules that modulate NMNAT2 levels in cortical neurons(研究論文)
■【ScienceDaily】Caffeine boosts enzyme that could protect against dementia


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4レビー小体型認知症のパーキンソニズムに対し有効性
  5. 5認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  6. 6ユニマチュードを学ぶ。「介護職の知っておきたい認知症の診断・治療…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  8. 8東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  9. 9ドラマ教材「認知症と向き合う」国際会議で上映
  10. 10介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
このページの
上へ戻る