聖隷健康診断センターでMCIドック・MCIスペシャルドック実施中(静岡県)

2017年3月20日

認知症予防につなげるMCIドック

(社福)聖隷健康診断センターでは、MCI(軽度認知障害)のリスクを調べるMCIドック・MCIスペシャルドックを実施しています。 50代、60代の症状の無い方にMCIのリスクを知らせ、MCIの発症や認知症化を予防するのがねらい。

どんなことをするの?

内容は、脳ドックとMCI検査の両方を実施し、3週間後に専門医師が診察・結果説明を行うというもの。

MCI検査は、血液中のたんぱく質を調べることで、リスクを判定するMCIスクリーニング検査、モントリオール認知評価検査やMRIを用いた脳萎縮の評価、ビタミン量や甲状腺の状態を調べるなど、5つの項目で構成されています。

検査後は医師の診察だけでなく、健康運動指導士、管理栄養士、保健師による食事や運動の個別指導を受けることができ、生活習慣全般に関るサポートが受けられることもポイント。「健康診断」の一環として、取り入れてみてはいかがでしょうか。
詳しくは外部リンクをご参照ください。
(画像は聖隷福祉事業団 保険事業部HPより)

こちらにも注目!「認知機能は50歳から低下」

▼外部リンク
予防のために、軽度認知障害のリスクを調べましょう


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る