自宅介護でお悩みの方に「介護ハンドブック」

2017年3月22日

突然自宅介護が始まったら

超高齢社会に向けた“グローカル・ソリューション”を展開する株式会社ザップは、自宅介護の限界点を明確化し、「自宅介護の快適生活のコツ」と「限界を迎えた後の選択肢」について徹底解説した自宅介護書「介護ハンドブック」を配布しています。こちらは介護施設情報誌『月刊あいらいふ』の別冊として、エリア別で発行されたもの。

想像以上に難しい面もある自宅介護の助けに

要介護者が長い間住み慣れた自宅で介護生活を営めることが魅力の自宅介護ですが、高齢の親がある日突然倒れて入院したなど、介護者にとっては前触れもなく唐突に始まるものでもあります。

自宅介護で要介護者を支える家族が、十分な時間的、労力的に余裕をもてない場合、安定して実施できない側面ももっています。

自宅での介護の限界と、その後の選択肢についてナビゲーション形式で解説している同社の「介護ハンドブック」のような存在は、有益な介護知識源として役立ってくれることでしょう。

配布は城東・城南・城西・城北エリアの地域包括支援センター・居宅介護支援事業所などで行っています。詳しくは外部リンクをご覧ください。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ザップ プレスリリース(PR TIMES)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る