愛とユーモアあふれるドキュメンタリー映画「わすれな草」

2017年2月26日

4月15日から渋谷ユーロスペースほかで順次公開

監督自身の認知症介護を通して、自分と母、夫婦、家族の姿を撮影したドイツのドキュメンタリー映画「わすれな草」が公開されます。

この作品は4月15日から順次、渋谷ユーロスペースほか全国で公開される予定となっています。

かつての「革命の母」が認知症に

母が認知症と診断されて4年。その間、父が介護を行っていましたが、ダービット・ジーベキング監督はフランクフルト近郊の実家に戻り、母の介護を手伝う中で、母の変化に驚かされることになります。

監督の母親であるグレーテルさんは若い頃、社会主義ドイツ学生連盟の活動に参加し、「革命の母」とも呼ばれていました。その後、ドイツ語教師を務めていましたが、2008年にアルツハイマー型認知症と診断されます。

愛とユーモアで描く「最期の時間」と「新たな始まり」

彼女は息子である監督を夫だと思い込むこともあり、監督の父が息子に嫉妬する様子も撮影されています。「最期の時間」を描きながらも、ユーモラスな家族の姿がそこにはあります。

監督が知る母はもういなくなったとしても、息子は母を愛し、夫は妻を愛します。認知症を通して、ふれあうことと寄り添うことの大切さと、家族にとっての「新たな始まり」がこの作品では描かれています。
(画像は映画『わすれな草』公式サイトより)


▼外部リンク
映画『わすれな草』公式サイト


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【明日放送】林修の今でしょ!講座 認知症予防に期待できるお肉とは…
  4. 4ユッキー先生の認知症コラム更新!認知症の人の対応 ~入浴嫌い~
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  7. 7政府、骨太方針2017を決定。認知症支援で循環型の仕組構築へ
  8. 8【明日放送】NHKスペシャル「睡眠負債が危ない」
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「運動+乳製品」が認知症やガンなどの根本原因に効果
このページの
上へ戻る