栃木県 気軽に相談できる「とちぎオレンジドクター」を公表

2017年2月12日
84名が登録している「とちぎオレンジドクター」

栃木県はもの忘れや認知症について、気軽に相談できる「栃木県もの忘れ・認知症相談医」、通称「とちぎオレンジドクター」を公表しました。「とちぎオレンジドクター」は県が認定し、公表時点で84名の開業医が登録されています。



早期に対応することで進行を抑えられる認知症

「もの忘れ・認知症相談医」「オレンジドクター」制度は全国の自治体でも整備が進められていて、栃木県でも早い段階で医療と介護のサービスが受けられるように、この制度が設けられています。

認知症は早期に発見、治療を開始すれば、症状を軽減し進行を抑制できるとされていて、県では「同じ話を何度もする」「時間や日にちが分からなくなった」「だらしなくなった」などに思い当たる点があった場合などに、早めに近くの「とちぎオレンジドクター」に相談して欲しいとしています。

「とちぎオレンジドクター」に登録している医師が在籍している医療機関には「認定プレート」が掲示され、その詳細は以下リンク先の栃木県のホームページからも確認することができます。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
栃木県もの忘れ・認知症相談医(とちぎオレンジドクター)について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る