アルツハイマー新治療候補薬で認知機能が改善 治療薬開発へ

2017年2月15日
世界初のアルツハイマー治療候補薬

東北大学大学院薬学研究科は、アルツハイマー型認知症の新しい治療候補薬を開発、マウスを用いた試験で記憶と認知機能が改善することを証明したと発表しました。

同研究科の福永浩司教授は1982年、記憶形成に関わる物質、「カルシウム・カルモデュリン依存性プロテインキナーゼ II(CaMKII)」を発見していて、今回の研究はその福永教授らの研究グループによるものです。

今回の研究では、この治療候補薬がCaMKIIを活性化することが確認されたとしていて、このメカニズムによる薬が開発されるのは世界で初めてになるとのこと。

臨床試験で安全性と有効性の確認へ

アルツハイマー型認知症では、記憶維持のために必要な神経伝達物質アセチルコリンの働きが低下すると考えられていて、カルシウムを高濃度にすれば、アセチルコリンの遊離が高まることが確認され、従来、治療方法が確立されていなかったアルツハイマー型認知症の患者に応用できる可能性があります。

各研究機関でアルツハイマー型認知症治療の新薬開発が進められていますが、この新しい治療候補薬は軽度認知症の段階から使用できる可能性があり、今後、臨床試験が計画されています。
(画像は東北大学のサイトより)


▼外部リンク

アルツハイマー病治療薬シーズの開発に成功 -新しいメカニズムの治療薬の前臨床試験を終了-
http://www.tohoku.ac.jp/


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る