映画「話す犬を、放す」試写会に、認知症ねっと読者が参加

2017年2月13日


認知症ねっとでたびたび紹介している映画「話す犬を、放す」。売れない女優とレビー小体型認知症を発症した母の葛藤を独特のユーモアを交えながら温かく見つめ、人間賛歌へと昇華させたこの映画は、第13回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016、第29回東京国際映画祭などで上映され、高い評価を受けています。

3月の公開に先がけ、1月に都内で開催された関係者試写会に、認知症ねっと読者の皆様をご招待しました。

読者ならではの感想が寄せられました

レビー小体型認知症がテーマのこの映画には、読者の皆様からも大きな興味が寄せられ、試写会のご招待にも多くのご応募をいただきました。皆様から伺った感想をご紹介します。

印象に残ったシーン

「イライラをぶつけてしまうシーン・それに対して母親が謝るシーン」 「母親がキッチンで混乱するシーン」 「医者とのやり取り」 「幻視」 「冷蔵庫になべを入れたシーン」 といった、認知症を身近に捉える読者の方々ならではの、現実的な回答も多く見受けられました。

もちろん、そのほかにも映画ならではの名シーンも挙がっています。

「赤いスニーカー、希望の光に感じた」
「最後の方のラジオのシーンやシーツを張るシーン」
「チロを捨てに行った林に再び訪れたシーン」
「母と娘が草原でお礼を言い合うところ」

この映画のどんなところがよかったですか?

映画全体の「よかったところ」を伺った質問でも、「父母が高齢の中、レビー小体型認知症について知ることができた」「レビー小体型認知症の世界観が自然に描かれていた」というように、認知症を主軸に据えた感想が目立ったのも特徴です。中には「自分と照らし合わせてしまい、辛かった」とおっしゃる方も。

しかし、そもそもは「ハートフルコメディ」を謳った人間賛歌であるこちらの映画。以下のような感想もいただいています。

「脚本が好き」「繊細なストーリーの中、温かいラストがよかった」
「病気を題材にしながら笑えるところもあってよかった」
「過去と現在の絡みから人の関わりを考えさせられ、エンターテイメントとしても楽しめた」
「とても繊細なストーリーだけど暖かい映画でラストが良かった。思いやる心は大切と思った」

映画「話す犬を、放す」とは?

<STORY>
俳優スクールで教えながら、芝居を続ける売れない女優・下村レイコ(つみきみほ)。
彼女のもとに、人気俳優になった学生時代の劇団仲間・三田大輔(眞島秀和)から映画出演の話が舞い込む。
突然のチャンスに舞い上がるレイコに、母ユキエ(田島令子)から電話がかかってくる。
昔、飼っていた犬のチロが時々帰ってきて困惑しているのだと。ユキエは“レビー小体型認知症”を発症し“幻視”に悩んでいた。
一人にするわけにもいかず、映画出演と母との生活を両立させようとするレイコ。
しかしそんな折、母から意外な告白が・・・。

2016年/日本/84分
監督・脚本:熊谷まどか
出演:つみきみほ 田島令子/眞島秀和 木乃江祐希
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
制作:デジタルSKIPステーション、オフィス・シロウズ
特別協力:川口市
配給・宣伝:アティカス
Ⓒ2016埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ

2017年3月11日(土) 有楽町スバル座ほかにて全国公開


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る