若年認知症に関わる知見を深めるフォーラム

2017年2月5日

若年認知症の問題に取り組むNPOの主催

若年認知症の人への家族サポート活動を推進しているNPO若年認知症サポートセンターは、2月26日(日)、11:00~17:30の日程で、「第8回 全国若年認知症フォーラムin東京・目黒」を開催すると発表しました。

認知症となっても社会や地域と共に今まで同様な生活が送れるように、互いの人格と個性を尊重できる地域社会の実現を目指す同NPOでは、支援団体のネットワーク拡充事業および若年認知症フォーラムを年間で展開しています。

若年認知症というのは64歳以下の人が認知症を発症した状態をいい、昨今の報道などによってその理解は徐々に拡がりつつありますが、まだまだ社会的な環境整備の必要性があるといいます。

リアルな角度で若年認知症を知る

今回のフォーラムでは第1会場と第2会場で、若年認知症の最新情報と支援活動モデルを、多面的・総合的に、「聞いて」「見て」「体感」できるのが特徴です。

第1会場の基調講演を行うのは都立松沢病院の齋藤正彦院長。認知症医療のトップランナーとして 「若年認知症を理解しよう」と題された講演を行います。

フォーラムでは医療・介護・市民の連携を認知症の早期発見に繋げることや、若年認知症支援コーディネーターの担うべき役割のを掘り下げ、若年認知症対策についても取り上げる予定。

参加費は500円、定員は1,200人、会場は東京都目黒区八雲1-1-1、東急東横線【都立大学駅】より徒歩7分の「めぐろパーシモンホール」です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第8回 全国若年認知症フォーラムin東京・目黒

若年認知症サポートセンター


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る