正しい理解と予防に 認知症市民公開講座【新宿区】

2017年1月28日

講師は高齢診療科主任教授

2月24日、東京都新宿区西新宿の東京医科大学病院が院内の講堂で、第114回市民公開講座を開催します。

今回の市民公開講座は「認知症の正しい理解と予防」がテーマ。講師は同病院高齢診療科の羽生春夫主任教授で、参加費は無料、事前の予約申し込みも不要となっています。

認知症予防のポイントとは

高齢化が進む日本では、自分自身が認知症になるかもしれず、身近な人がかかるかもしれません。誰にとっても他人事ではない認知症について、全ての人が認知症に対する正しい知識を身につける必要があります。

この市民公開講座では、羽生春夫主任教授が一般向けにわかりやすく認知症についての知識と、認知症を予防するためのポイントなどを解説する予定となっています。

日時: 2月24日(金) 17:30~18:30 開場17:00
場所: 東京医科大学病院 本館6階 臨床講堂
   最寄駅: 丸ノ内線 西新宿駅
講師: 羽生春夫氏
費用: 無料
申込: 不要
定員: 320人収容
(プレスリリースより引用)

詳しくは以下リンク先の東京医科大学病院のサイトまで。

(画像は東京医科大学病院のサイトより)

▼外部リンク
【第114回 市民公開講座のお知らせ】


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る