認知症最新ニュース

認知症予防マージャン協会公式サイト開設 講座や開催支援

2017年2月2日

「ねんりんピック」正式競技のマージャン

認知症の予防に、マージャンを役立てようと活動している日本認知症予防マージャン協会が、1月20日、公式ウエブサイトを開設、公開しました。マージャンは厚生労働省などの主催で毎年開催されている全国健康福祉祭(ねんりんピック)でも、正式種目として実施されています。



「お金を賭けない」「タバコを吸わない」

同協会が設立されたのは2014年仙台でのこと。協会が普及を進めている健康マージャンは「お金を賭けない」ことと「タバコを吸わない」ことが基本原則で、マージャンというゲームでは手の指を使い、ほかのプレイヤーとの会話も行われることから、協会は認知症予防に活用しています。

協会では「健康マージャン講座」も実施。所属の専属講師を派遣するほか、マージャン卓やマージャン牌、学習テキストなども協会が用意するとしています。そして、講座終了後には、サークルの立ち上げ支援も行います。

「健全なマージャンとの出逢いを通じて喜びと愉しさを創造します」を理念とする協会は、常に視覚、聴覚を刺激し、頭と手先を使うマージャンを、未経験の人にも体験してもらうきっかけ作りをしたいとしています。

(画像は日本認知症予防マージャン協会のサイトより)


▼外部リンク
日本認知症予防マージャン協会の公式サイト


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  5. 5介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  7. 7医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
  8. 8【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  9. 9東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  10. 10連休中に読みたい!認知症関連書籍 新刊案内
このページの
上へ戻る