認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けるために~埼玉県上尾市

2017年1月27日

埼玉県でイベントが開催されました

2017年1月18日、埼玉県上尾市で認知症に関するイベントが開催され、認知症サポーター養成講座のほか、AMG地域健康推進研究所の前園徹氏を迎えた講演会も行われました。

通常の認知症サポート養成講座は90分の講座が基本。今回は講座だけでなく、「健康であり続けるための身体づくり」と題された講演会をプラスしたイベントとなっており、上尾市の認知症対策に対する前向きな姿勢がうかがえます。

また、参加者も約130名と盛況で、自治体だけでなく地域の人々も一丸となり、認知症になっても暮らしやすいまちを目指す様子がつまびらかになりました。

認知症サポーターとは:
厚生労働省が「認知症を知り地域を作るキャンペーン」の一環として、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指して養成されているもの。日常生活の中で認知症の人と出会ったときに、その人の尊厳を損なうことなく適切な対応をすることで、認知症の人と介護家族を見守り、応援者となることが期待されています。

認知症サポーターには認知症を支援する「目印」となるブレスレット(オレンジリング)を配付。サポーターが地域に増えることにより、認知症やその家族の方たちが住み慣れた地域で長く生活を送れるようにすることを目的としています。

認知症ねっと「認知機能チェック」の体験も

当日は認知症ねっと運営事務局も参加し、来場の皆様に「認知機能チェック」を体験していただくコーナーも。 中にはタブレット端末に慣れていない方もいらっしゃいましたが、皆一様に真剣に取り組んでくださいました。

認知症を心配される世代の方々の中には、PCやタブレットを普段使うことがない方も多いでしょう。こうした機会を作ることで、実際に触れ、認知症予防に活かせることを実感していただけたのではないでしょうか。

▼外部リンク
上尾市認知症サポーター養成講座を開催しています – 上尾市Webサイト/

オレンジ広場


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る