クラウド上で脳の活性度測定 脳楽チェッカー開始

2017年1月31日

脳の健康状態をチェックできる「脳楽チェッカー」

ソフトウェア開発や販売を行っているゼッタテクノロジー株式会社は1月18日、クラウドサービスの「脳楽チェッカー」を開始すると発表しました。サービスは昨日1月30日より開始されています。

この脳楽チェッカーはパソコンやタブレット端末のアプリから脳の健康状態をチェックしたり管理したりできるサービスで、信州大学教育学部教授、医学部大学院教授、医学博士の寺沢宏次教授による監修です。

認知症の早期発見にも利用されている「GO/NO-GO課題」

脳楽チェッカーで活用されているのは「GO/NO-GO課題」の理論。この理論はイヌにおける条件反射実験で知られるイワン・パブロフの弟子らが、条件反射と光刺激を組み合わせて考案し、脳の発達状態を調べる際に利用されていて、認知症の早期発見にも応用されています。

5分で認知機能の問題に気づける新サービス

この新サービスを利用することで、認知機能の問題に早い段階から気づくことができ、認知症に至る前に対処を行うきっかけとすることができます。

1回の検査は5分。同社はこの新サービスを活用すれば、老人ホームやデイサービス、スポーツジム、公共施設などで施設利用者や職員の脳の健康状態を確認できるとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
”脳楽チェッカー” – GO/NO-GO課題検査による脳の活性度測定クラウドサービスの提供を開始 –


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る