デザイン力で認知症患者を支える

2017年1月22日

環境づくりに欠かせないものは

「介護が必要になっても、病気で治療が必要でも、使いやすく暮らしやすい場づくりを実現する」を掲げ、介護施設、医療施設の設計及び施工管理業務を行うケアスタディ株式会社は、東海大学教養学部講師の山崎 正人さんを講師に招いた、認知症ケアの環境づくりに関する連続講義の4回目を開きます。

認知症になっても、その人が持てる能力を活かすための環境づくりは、認知症患者を取り巻く人ひとり一人が考えなければならない課題ですが、それには他の事例にならった知識と環境づくりのちからが必要になります。

連続講義では、自らもグループホームに勤務しながら認知症患者を支える環境づくりの研究を進める山崎 正人さんが、4回に渡って環境づくりの具体的な工夫を紹介してきました。

熊本地震で得た知見

デザイナーでもある山崎さんは独特の観察力とデザイン力で現場に役立つ方法を考案してきました。

この4回目の講義では、熊本地震で発生した専門職支援の要請に山崎さんが応じ、様々な活動を行う中で見えてきた事柄を中心に、集団生活を維持するための造形活動の必要性を講義します。

開催概要:
日時:2017年2月15日(水) 18:30~
会場:東中野キングス・ガーデン 東京都中野区東中野4-2-16
定員:60名
参加費:1,500円(資料代・ワンドリンク・お菓子代含)

在宅・施設介護の携わっている人、または介護に興味のある人な参加対象です。

(画像はパンフレットPDFより)

▼外部リンク
ケアスタディ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
このページの
上へ戻る