イグニスと順天堂大2教授 認知症対策VRコンテンツ開発へ

2017年1月10日

認知症の予防と進行遅延にVRコンテンツを

東京都渋谷区に本社がある株式会社イグニスは、認知症対策としてのバーチャルリアリティ(VR)コンテンツの研究開発を発表しました。

こちらは同じく渋谷区に本社がある子会社のパルス株式会社と、順天堂大学の堀江重郎教授、川戸佳教授の共同研究となります。

この研究で、新しいVR技術を用いた認知症予防、認知症の進行遅延に効果があるVRコンテンツを目指します。

従来にはなかった身体感覚のVRを認知症対策に

1985年に東京大学医学部医学科を卒業した堀江氏は、93年に医学博士となり、テキサス大学や東京大学、国立がんセンターなどを経て、現在は順天堂大学大学院医学研究科の教授として、社会活動に関するホルモンの認知機能への影響などを研究中。 また、川戸氏は1979年、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了、理学博士となり、2015年から順天堂大学大学院医学研究科客員教授として、ホルモンの記憶力改善作用などを研究しています。

両教授は、VRによって従来にはなかった身体感覚が得られることから、「認知機能をリフォーム、リノべートする可能性がある」とし、「このコラボレーションが認知機能研究のイノベーションとなることを期待」とコメントを表明しました。

包括的なサービス展開も

進行する高齢化社会において、今後も増加が予想される認知症患者とその予備軍に対し、パルス社と両教授はVR技術を応用するための研究を行い、コンテンツの開発を目指します。また、パルス社はコンテンツを活用した包括的なサービス展開も計画しています。

(画像は株式会社イグニスのサイトより)

▼外部リンク
順天堂大学教授(堀江氏、川戸氏)とのVR技術応用に関する共同研究の開始


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る