認知症最新ニュース

横浜総合病院 認知症とその予防運動の生活習慣病教室開催

2017年1月7日

臨床研究センター長などが講演

2017年1月28日、神奈川県横浜市青葉区にある横浜総合病院が院内で生活習慣病教室を開催します。

第110回となる今回は「認知症について」と「認知症予防の運動」の2つの講演が行われます。講師は同病院附属臨床研究センターの長田乾センター長と、同病院リハビリテーション科スタッフとなっています。



生活習慣病と認知症

認知症は誰もがかかる可能性がある病気ですが、脳卒中を予防することで血管性認知症のリスクを下げることが可能です。

そして、アルツハイマー型認知症も、高血圧や糖尿病がリスクを上昇させていることがわかってきていて、これら生活習慣病を予防することが、認知症予防や進行抑制に効果があると考えられています。

この生活習慣病教室では、「認知症について」を長田乾医師が、そして「認知症予防の運動」をリハビリテーション科スタッフが一般向けに解説します。なお、次回開催は2月18日で、「心筋梗塞について」と「大動脈の病気について」が講演される予定となっています。

日時: 1月28日(土) 14:00~15:30
場所: 横浜総合病院 1階集会
   神奈川県横浜市青葉区鉄町2201-5
費用: 200円
申込: 受付中
(プレスリリースより引用)

詳しくは以下リンク先の横浜総合病院のサイトまで。

(画像は横浜総合病院のサイトより)


▼外部リンク
第110回生活習慣病教室のお知らせ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【明日朝放送】サタデープラス 歌って認知症予防「歌トレ」
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  5. 52月11日(土) 放映「ジョブチューン」で認知症予防に注目の食べ…
  6. 6コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  7. 7認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  8. 8コップ1杯弱の牛乳や乳製品摂取で認知機能低下抑制の可能性
  9. 9さまざまな種類のある介護施設・サービスをうまく活用するためには[…
  10. 102/19 桂文枝によるアルツハイマーが題材の創作落語放送
このページの
上へ戻る