認知症最新ニュース

ローズマリーの成分、アルツハイマー病に効果~東京工科大学

2016年12月26日

マウスによる実験で原因物質蓄積の抑制を発見

東京工科大学は12月12日、同大学応用生物学部の佐藤拓己教授らの研究チームが、ローズマリー由来の「テルペノイド・カルノシン酸」(以下、カルノシン酸)がアルツハイマー病を抑制することを発見したと発表しました。

佐藤教授の「アンチエイジングフード研究室」では、食に含まれる高機能性をもった物質を探索し、食を通じて体の内側からアンチエイジングを目指す研究を主に行っています。

例えば、ハーブであるローズマリー由来のカルノシン酸や、褐藻類であるシワヤハズ由来のゾナロールによるアンチエイジング効果に注目して研究しています。

今回の研究では、アルツハイマー病を発症させたマウスに、カルノシン酸を口から投与すると、海馬の神経細胞におけるアミロイドβ蛋白質の沈着が有意に減少することが分かりました。



記憶機能も回復 現場でのニーズに応えたい

また研究では、カルノシン酸は、マウスの神経細胞が変性するのを抑制し、さらに記憶機能を回復させることも発見しました。

作用としては、カルノシン酸が転写因子である「Nrf2」を活性化させて、アミロイドβ蛋白質の沈着を防ぎ、細胞神経が変性するのを抑制した、ということを示しています。

現在使われている「ドネペジル」や「メマンチン」等の薬剤は、原因となるアミロイドβ蛋白質の蓄積を抑制しません。この研究の背景には、アミロイドβ蛋白質の蓄積を抑制する薬剤や、食品由来の物質が臨床現場では求められている、という事情があります。

(画像はプレスリリースのサイトより)


▼外部リンク

プレスリリース 東京工科大学
http://www.teu.ac.jp/press/2016.html?id=276


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  7. 7【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る