認知機能を遠隔で診断できる可能性~慶大の研究

2016年12月14日

高精細で遅延の少ないビデオ会議システムを使い臨床試験

慶應義塾大学(以下、慶大)は11月30日、慶大医学部の研究グループが、認知症等の精神科領域における遠隔医療について、診断と治療の両方で有用性があることを、臨床研究としては国内で初めて実証しました。

このうち、「高齢者に対するビデオ会議システムを用いた改訂長谷川式簡易知能評価スケールの信頼性試験」では、認知機能の診断を遠隔で実施しました。

この試験には、60歳以上のアルツハイマー型認知症患者、軽度認知障害者、健常者の合計30名が研究に参加しました。そして高精細で遅延の少ない映像や音声を届けるビデオ会議システムを使い、通常は対面で行う「改訂長谷川式簡易知能評価スケール」を遠隔で実施しました。

遠隔で行った検査スコアを対面のときの検査スコアと比べたところ、非常に高いスコアの一致率があることが証明されました。

なぜ精神科で遠隔医療が期待されているのか

日本では現在、精神科患者数は700万人以上いると推定されていて、その数は増加しています。しかしながら、患者の高齢化、担当できる医師が近くにいない、あるいは症状がもとで外出しにくい等が原因で、専門性の高い診断や治療が受けづらい状況が存在します。

一方、精神科の診療は、患者と医師等がお互いの顔を見ながら話すことさえできれば診療の大部分が行えます。

そこで、一般に使われるようになってきているテレビ電話のような技術が応用すれば、患者を取り巻く問題を解決する手段となり得ます。

遠隔医療を実際の導入に結びつけるため、遠隔で行う診断精度や治療成績が対面での治療と同等、あるいはそれ以上であることを科学的に証明する必要があり、今回のような研究が行われています。

▼外部リンク
プレスリリース
全文(PDFファイル)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  2. 2【明日放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語る介護問…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る