見守りタグと専用靴2,100セットを無料配布~ALSOK

2016年11月28日

国交省のモデル事業で

綜合警備保障株式会社(以下、ALSOK)は11月22日、ALSOKが開発する徘徊対策商品「みまもりタグ」2,100個、みまもりタグを収納する「みまもりタグ専用靴」2,100足、位置情報の提供基地局「みまもりタグ感知器」2,800台を、全国10箇所の市町村に無料で配布する、と発表しました。

「みまもりタグ」は、Bluetooth無線技術を利用した、ボタン電池で長期間動作が可能な端末です。小型で軽量なため、ひもを通してカバンに付けたり、専用の靴に入れて携帯したりすることができます。

みまもりタグ」を携帯した高齢者等が、専用アプリ「みまもりタグアプリ」をインストールしたスマートフォンや、「みまもりタグ感知器」とすれ違った際に、スマートフォン等の位置情報機能を活用し、自動的にサーバーに位置情報を蓄積します。

スマートフォンを持つボランティア等の数が増えるほど、感知性能が向上します。

またALSOKが蓄積する情報は、匿名の位置情報のみで、個人情報は含まれないのも特徴です。

2016年4月より、ALSOKはこの仕組みを一部の自治体に提供し、地域の見守りネットワーク構築に向けた実証実験を行っています。

今回ALSOKは、国土交通省の「スマートウェルネス住宅等推進モデル事業」を活用し、これらの機器を2019年3月末まで無料で利用してもらう予定です。

地域の体制強化への支援も

配布する予定の市町村は、茨城県笠間市、埼玉県さいたま市、埼玉県小鹿野町、東京都多摩市、東京都稲城市、神奈川県海老名市、滋賀県湖南市、奈良県天理市、奈良県生駒市、福岡県北九州市です。

ALSOKは今後、これら市町村の自治体との間で、個別に具体的な取り決めを進めて行く予定です。

今回の事業では、市町村と連携しながら地域ごとの課題を解決し、見守りネットワークの構築を図ります。

また、民間企業等の有志と共に、高齢者や子どもの見守りに関する団体を立ち上げます。これにより、地域の見守り活動の普及拡大を図るとともに、立ち上げを予定する見守りネットワークを継続的に維持していくためにALSOKが支援することとしています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
ALSOK ニュース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る