認知症サポーターの養成講座開催(福岡)

2016年11月26日

認知症サポーターになれる講座開かれる

平成28年12月13日、午後14時から午後15時半まで認知症の特徴や接し方について学び、認知症サポーターになることができる講座が福岡市により開かれます。

開催場所は、あいれふ7階第2研修室です。

内容について

現在、認知症を抱える人が増加しており、また認知症自体その進行に伴い日常的な支援が必要となってきます。そして、この日常的な支援は多くの場合認知症を抱えた本人の家族が担うのですが、認知的な主症状や周辺症状等がそのケアを難しくさせてしまいます。

ですが、認知症の特質を踏まえた支援やケアを行うことでこれらが行いやすくなるだけでなく、治療目的である進行スピードの遅延にも繋がり得るのです。

そこで、今回の講座では認知症の予防法や治療法また症状やその診断について学んでいきます。また、当該講座を受講することで認知症を抱える本人やその家族を支援する、認知症サポーターにもなることができるのです。

なお、受講後は受講の証明となるオレンジリングと、認知症を解説しているテキストがプレゼントされます。

料金及び申し込み方法について

当該講座の参加料金は無料で、対象は福岡市内に在住もしくは通勤する人です。また定員は先着20名で、申し込みは中央区地域保健福祉課に電話することで行います。

詳しくは、外部リンクを参照して下さい。

▼外部リンク

認知症サポーター養成講座
https://dayori.city.fukuoka.lg.jp/44043


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る