平成29年の道路交通法改正を受け日本老人精神医学会が提言

2016年11月25日

改正道路交通法に当たっての提言にて認知症にも触れ

2016年11月15日、改正道路交通法の施行に当たりより良い運用に向け提言を行ったと、公益社団法人日本老年精神医学会が発表し、その中で認知症に関する事項にも触れられました。

高齢者による事故の増加と改正道路交通法施行を受けて

今日、日本人口における高齢者の比率は増加の一途を辿っています。またそうした中、彼らによる交通事故も増えてきているのです。これらを受け、改正道路交通法を2017年に施行することで、国は高齢者による事故の減少を図ろうとしています。 そして、当該改正法では認知機能検査の実施とそれによる運転免許の取り扱いについても、触れられています。

そこで今回、日本老年精神医学会はこうした事柄を受け、当該改正法が高齢者のQOLも保たれつつ施行されるよう、提言を発表したのです。

認知機能検査の結果と安全運転の可否が同等でない点について指摘

当該提言では、改正道路交通法において安全運転の可否を認知機能検査の結果及び、石による認知症であるとの診断を判断基準としている点も指摘しています。

それによると、認知機能等の関連検査もしくは認知症であるとの診断は、安全運転の可否を判断する指標とはならないこともあるとし、個々人のおかれている状況等も踏まえた判断を要するとしています。

その上で、これに関しては改正法実施後での事故事例分析及び医学的客観的事実等によって、なされるべきともしているのです。

▼外部リンク
学会NEWS改正道路交通法施行に関する提言


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
このページの
上へ戻る