改正道路交通法施行へ向け環境作り

2016年11月30日

関係閣僚会議にて高齢者の交通手段確保等を確認

平成28年11月15日、認知症が疑われる高齢者による事故の増加を受け、同日緊急の閣僚会議が開かれ、平成29年3月の改正道路交通法施行に向け社会的な支援を、具体的に検討していくことが確認されました。

80代以上の高齢者による交通事故の増加及び改正道路交通法の施行を受けて

現在高齢化の影響もあってか、認知症を抱える高齢者が増加しており、またそれとともに特に80代以上の高齢者による交通事故も増えています。

こうしたことを受け、同日15日に緊急の閣僚会議が開かれました。そして、そこで認知症を抱えていると思われる事例も踏まえつつ、改正道路交通法の施行に向け社会制度としての環境を整えていくことが確認されたのです。

専門家を交え車に変わる移動手段の確保

現行の道路交通法でも認知症対策はなされていますが、免許更新時と交通違反時にしか認知機能検査の機会がなく、交通事故の防止策としては十分とは言えない現状があります。また、免許証の自主返納も進んでいません。

そうしたことを踏まえ、平成28年度に施行される改正道路交通法では、現行のものに比べ認知症対策が厳格化されるのです。

しかし、これら防止策のみでは根本的な対策とは言えないことから、今回の閣僚協議では今後の方針として、車に変わる交通手段の確保等といった具体策について、専門家とともに検討していくことが確認されました。

▼外部リンク
高齢運転者による交通事故防止対策に関する関係閣僚会議


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5今野先生コラム「食事で認知症予防」第1回:ポリフェノールと認知症
  6. 6肥満と認知機能低下に関係あり?
  7. 7政府、骨太方針2017を決定。認知症支援で循環型の仕組構築へ
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  10. 10奇跡の回復法を紹介!~テレビ「みんなの家庭の医学」
このページの
上へ戻る