認知症サポーターの日本やイギリスでの活動について報告

2016年11月18日

認知症サポーターキャラバン平成28年度表彰・報告会

2016年11月9日、認知症サポーターキャラバン平成28年度表彰・報告会にて、開拓的な活動展開等についての表彰を行い、併せて他の認知症サポーターについてヒントになるような実践例を報告すると、全国キャラバン・メイト連絡協議会が発表しました。

なお開催日は2017年2月4日で、場所は東京都砂防会館別館シェーンバッハ・サボ-です。

優れた活動や要請実績の表彰と活動報告

認知症を抱える者が増加している中、そうした彼らの生活をサポートする上で大切な存在となってきているのが、認知症サポーターです。その数は800万人にも達しており、各地で様々な活動を展開しています。

今回、こうした活動の中でも特に先進的なものまた認知症サポーターの養成において、優れた事例であるもの等を表彰し、併せて優れた活動と認められたものについて報告がなされるのです。

イギリスのディメンシア・フレンズについての報告と講座

加えて、日本での取り組みを見本としているイギリスのディメンシア・フレンズの活動報告及び、その養成に関する講座が開かれ実施主体や講師の役職種また、用いられる教材等について紹介されます。

そして、この他にも認知症サポーターの活動がうかがい知れる写真や動画、また関連グッズの提示も行われる予定です。

▼外部リンク
3.認知症サポーターキャラバン平成28年度 表彰・報告会のご案内


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  5. 5今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  6. 6認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
  7. 7メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  8. 8「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る