大学生が認知症カフェを運営~北海道北広島市

2016年11月13日

自治体との包括連携協定により実施

北海道にある道都大学は10月29日、学生による認知症カフェ(オレンジカフェ)を北広島市の広葉交流センター「いこ~よ」で開催しました。

このオレンジカフェは、道都大学が北広島市と締結した包括連携協定により実施されたものです。

開催の当日は、道都大学の学生がコーヒーを入れ、20名前後の参加者に、認知症になりやすい人の特徴などを説明しました。

次回参加を促す工夫も

また、ハロウィンに近いこともあり、学生が説明をしながら、参加者でハロウィンをイメージしたメッセージカードを作成しました。このメッセージカードは、オレンジカフェ当日に撮影した集合写真を裏面に貼り、後日参加者に配布する予定です。配布と同時に次回の開催予定の案内も行う、として参加を促す工夫を行っています。

広葉交流センター「いこ~よ」は、北広島市の広葉小学校跡に設置されました。

このオレンジカフェは、次回11月19日に開催予定です。

オレンジカフェまたは認知症カフェは、認知症本人や家族、あるいは認知症を予防したい人が集まり、地域の人々をつなげる社会資源として、厚生労働省からの施策(オレンジプラン)で注目されています。

▼外部リンク
NEWS & TOPICS 道都大学


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  2. 2【明日放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語る介護問…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る