多摩地区に東京都若年性認知症支援センター開設

2016年11月15日

都内では目黒区に続き2箇所目

東京都庁は11月4日、「東京都多摩若年性認知症総合支援センター」の運営を開始すると発表した。

東京都若年性認知症総合支援センター(以下、センター)は、東京都内では目黒区に設置・運営されているのに続き、2箇所目となる。

目黒区のセンターでは、若年性認知症の人と家族等が地域で安心して暮らせるよう、総合的な支援を行ってきた。若年性認知症の人への支援を一層充実させるため、このたび、多摩地域に新たなセンターを開設することとした。

センターは日野市に開設される。運営は、社会福祉法人マザアスに委託し実施する。

ワンストップで本人や家族等を支援

センターでは、若年性認知症の人や家族等からの相談に、若年性認知症専門の支援コーディネーターが対応する。また、地域包括支援センターや医療機関等の専門機関からの相談も受け付け、それらに対して必要な助言を行うとともに、相互に連携しながら若年性認知症の人への支援を行う。

相談は電話と、ファックス、電子メールで受け付ける。電話は専用の番号を用意し、平日の9時から17時までの間受け付ける。

直接相談を希望する場合は、事前に電話をして日時の予約を行う必要がある。

▼外部リンク
報道発表資料


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る