開成町 認知症の進行状況にあわせたガイドブックを作成公開

2016年11月27日

住み慣れた地域に暮らし続けるために

神奈川県足柄上郡の開成町が認知症の人とその家族が、できる限り長く住み慣れた地域で暮らし続けるためのガイドブック「開成町認知症ガイドブック」が作成されました。

このガイドブックは町の公式ホームページにPDFファイルの形式で公開され、印刷できるようになっています。

認知症の基礎知識から当事者に対する接し方まで

認知症は早期に発見できれば、進行が抑えられ、症状も抑制できる可能性が高くなるため、どれだけ早く症状に気づくことができるかが大切です。そこでこのガイドブックには、10の項目からなる「自分でできる認知症の気づきチェックリスト」が掲載されています。

そして、認知症の進行状況の「認知症の疑い」「認知症を有するが日常生活は自立」「日常生活に手助け・介護が必要」といったそれぞれの段階で利用すべき支援については、一覧表で掲載されています。

また、認知症の基礎知識としてその分類、認知症にならないために生活で気をつけるべき点、認知症の人に対する接し方なども解説しています。

▼外部リンク
開成町認知症ガイドブックを作成しました。


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  7. 7中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る