認知症最新ニュース

薬食審にてアルツハイマー検査薬等3製品審議へ

2016年11月2日

脳内におけるアミロイドβプラーク可視化薬審議へ

平成28年10月17日、アルツハイマー型認知症の鑑別検査に用いられる、放射性医薬品アミヴィッド静注等3製品の承認の可否について審議すると、厚生労働省医薬・生活衛生局医薬品審査管理課が発表しました。

なお、審議されるのは同年10月31日に開催する薬事・食品衛生審議会第1部会です。



脳内でのアミロイドβプラークを見える化

多様にある認知症の内アルツハイマー型のそれを引き起こすのは、アミロイドβと呼ばれる物質の蓄積だということが明らかになっている。

こうした中、今回承認のため審議されるアミヴィッド静注(フロルベタピル)は、アルツハイマー型認知症の診断を目的にPET検査を実施する際、患者脳内におけるアミロイドβプラークを写りやすくさせる医薬品です。

そして、認知機能障がいが見られる者のアルツハイマー病診断の1助として用いられるのです。

画像検査をより簡便に

現在も、アルツハイマー病における鑑別診断として画像診断は適用されており、その際にこれを補助するためフロルベタピルが用いられています。しかし、これを用いるには放射性医薬品原料専用加速器を要するため、実質的に1部の医療機関でしか行えません。

反面、今回審議対象となったアミヴィッド静注はこうした専用機材を必要としないので、より多くの医療機関で利用可能となります。よって、今回承認されれば放射性医薬品原料専用加速器を有していない医療機関でも、PETによるアルツハイマー型認知症鑑別検査が可能となるのです。

▼外部リンク
薬事・食品衛生審議会 医薬品第一部会を開催します


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  4. 4【明日放送】NHKガッテン!「これが世界最先端!夢の認知症予防S…
  5. 5世界初「安定化DHA・EPA」を配合した飲料を販売開始
  6. 6医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
  7. 7匂いで認知機能チェック!母の日、父の日キャンペーン中
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?![…
  9. 9【今夜放送】林修の今でしょ!講座3時間スペシャル『男性VS女性S…
  10. 10今週の認知症関連NEWSまとめ[5/27]
このページの
上へ戻る