「一生ボケない脳をつくる77の習慣」大きな活字で登場

2016年11月22日

老年精神医学の専門家が認知症予防のための習慣を紹介

認知症予防のための生活習慣などが紹介されている「一生ボケない脳をつくる77の習慣 (大活字本)」が発売されました。

著者は老年精神医学の専門家であり、精神科医、臨床心理士の和田秀樹氏。既に同じ著者による「一生ボケない脳をつくる77の習慣」が刊行されているものの、今回の新刊は大きな活字で書体や用紙にも気を配った読みやすいものとなっています。

前頭葉を刺激して認知症予防

脳の部位で、早く老化し始めるのが前頭葉で、この前頭葉の機能が低下すると、思考力の低下、思い出すことが困難になり、これが認知症へとつながるといいます。

著者はこの前頭葉を鍛えるためには、ただ計算問題を解いたり、パズルを解いたりするよりも、日頃の感情や思考を刺激する必要があるとしています。

この新刊では若い年齢層の人との交流や、おしゃれを面倒がらないこと、交際費を惜しまないことなど、認知症予防のための77の生活習慣が紹介されています。この新刊は四六判で211ページ、 ディスカヴァー・トゥエンティワンより1,620円(税込)で発売中となっています。

▼外部リンク
一生ボケない脳をつくる77の習慣 (大活字本)

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る