自律神経を整えるアルファベット筆記体練習で認知症予防

2016年11月24日

各分野3氏が監修の新刊

美しくアルファベットの筆記体を練習することで自律神経を整える「自律神経が整うアルファベット筆記体練習帳 1日10分ポジティブな英文をなぞるだけ」が発売されました。

手を使って文字を丁寧に書こうとすることで、自律神経の調節だけでなく、認知症や脳卒中の予防にもつながるとのことです。

この新刊は3人の監修によるもので、監修者は医学の分野から隠れ脳梗塞や認知症などの著作もある眞田クリニックの眞田祥一院長、英語の分野から英語学校AtoZのデイビッド・セイン校長、そして、カリグラフィーの分野からジャパン・レター・アーツ・フォーラム(J-LAF)の三戸美奈子代表となっています。

脳全体を使っての英文書き写し脳トレ

本書には英文と日本語訳が掲載されており、英文の筆記体をなぞり、自律神経を調節し、脳トレを行い、そして英語も学べる一冊となっています。また、英文がポジティブなものですので、前向きになれるという効果もあるとのこと。

目で見ること、情報を受け取ること、言葉を理解すること、意味を考えること、そして、丁寧にその文字を書くことで、後頭葉や側頭葉、頭頂葉、前頭葉といった脳全体を働かせることができるというのがこの新刊の特徴です。この新刊はB5版で96ページ、1,000円(税別)にて、主婦の友社より発売中となっています。

▼外部リンク
自律神経が整うアルファベット筆記体練習帳

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る