若年性認知症支援相談窓口を開設 総合的な支援に(山口県)

2016年10月16日

仕事などの総合的な相談・支援

山口県は若年性認知症の人のための「若年性認知症支援相談窓口」を開設した。この相談窓口では、当事者や家族などから、若年性認知症の相談から、医療や福祉だけでなく、仕事などの総合的な支援を行うことになっている。

若年性認知症支援コーディネーターを配置

多くの認知症患者は65歳以上の高齢者であるが、認知症患者全体に占める割合は少ないながらも、65歳未満で認知症を発症するケースもあり、これを若年性認知症と呼んでいる。若年性認知症は、その世代が働き盛りで、生計を支える働き手である場合も多く、心身の支援だけでなく、経済的な支援も必要になってくる。

山口県は若年性認知症支援相談窓口を、山口県立こころの医療センターに開設、この相談窓口には当事者や家族、医療関係者、福祉関係者などからの相談に応じ、支援などを行う若年性認知症支援コーディネーターを配置している。

場所: 県立こころの医療センター
     山口県宇部市大字東岐波4004-2
開設日:月~金曜日(年末年始・祝日を除く)
      8:30~17:15
コーディネーター: 精神保健福祉士 2人
相談電話: 0836-58-2212(相談無料)
(プレスリリースより引用)

▼外部リンク
若年性認知症支援相談窓口の開設について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4「新オレンジプラン」が改定、目標設定がより具体的に
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  7. 7全国調査「介護の主な原因」認知症が初めてトップ
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る