英ヒースロー空港、世界初の「認知症にやさしい」空港へ

2016年10月15日

職員7万6000人が研修を受講し、認知症の人を支援

ヒースロー空港株式会社(以下、ヒースロー空港)は、イギリスアルツハイマー病協会(以下、協会)と協同して、「世界で初めての”認知症にやさしい”空港」となると発表した。

協会が推進する「認知症にやさしい地域社会(コミュニティ)」と保ばれるプログラムに参加し、職員7万6000人に対して必要な研修を行い、認知症に対する認識を深める。プログラムでは「認知症フレンド」という講義や研修、オンライン講習が用意されている。

第一線の現場で、障害のある人などに対する特別支援を行うチームでは、常に認知症の人と触れ合う「認知症フレンド」となるが、同チームのスタッフ約1000人が9月末までに研修を受ける。

イギリスでの認知症者の現状

イングランドでは、70万人近い認知症患者がおり、50万人の要介護者への支援に260億英ポンド(約3兆4000億円)の費用がかかっている。

今回の取り組みは、イギリス首相の「2020年認知症への挑戦」の一部としての活動で、企業が認知症にやさしくなると宣言することを推奨するもの。これにより認知症の人は、自分たちが他人に理解され受け入れられていると感じることができる。

▼外部リンク
ヒースロー空港ホームページ(英文)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る