レクリエーションやケアの事例満載~レクリエ特別号

2016年11月12日

効果の背景にある認知症の特性も詳しく解説

世界文化社から、介護・レクリエーション情報誌「レクリエ」の特別号「大特集 認知症レク&ケア こうしたらうまくいった!」が発売されている。 この特別号では、認知症の人に対するレクリエーションとケアの方法を、数多くの事例で紹介している。

さまざまな手法や療法が取り上げられているが、例えば「園芸療法」では、五感をフルに活用することがポイントであるとしている。またこの療法では、計画・準備から栽培、収穫、収穫物の加工・活用まで、「一連の流れにかかわってもらうことが大事」としている。

「環境づくり」の事例では、洗濯作業スペースを整理する方法を紹介。ただの作業場だったスペースを整理することで、認知症の人が明るく元気になった、と報告している。

対応が難しいBPSDにはこんな事例

認知力の衰えという中核症状に対し、怒り出したり、暴力をふるったりすることを「BPSD(行動・心理症状)」と呼ぶ。この対応が難しい症状がどんなときに起こるかを解説。また、「介護者のかかわりで変わる」として、うまくいった事例を紹介している。

昔のことを思い出す「回想法」も紹介。「楽しいおしゃべり」にせず、認知症のケアに生かすポイントが詳しく書かれている。

ムックで108ページ。価格は1,950円。Kindleで読める電子書籍版もある。

▼外部リンク
レクリエ2016 特別号

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2科学に裏付けられた「ブレインHQ」の効果で会場を圧倒【ADI国際…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6【明日放送】NHK きょうの健康 『防げ!認知症最新情報「予備群…
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8アミロイド仮説を覆す新しいアプローチのサプリを販売開始
  9. 9たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  10. 10日本初の認知症・介護予防スロット台
このページの
上へ戻る