早期での発見及び介入を図る神戸モデルの構築に向け共同研究

2016年10月29日

神戸大学及びWHO神戸センター神戸モデル構築のため連携開始

神戸モデルの構築を目的とする「認知症の社会負担軽減に向けた神戸プロジェクト」を、WHO神戸センターと共同で行うと神戸大学が発表した。

なお神戸モデルは、認知症に対し早期での発見及び介入を図るものである。

認知症を抱える者の増加を受けて

認知症を抱える者の数は世界的に増加傾向にあり、これは人口の高齢化も相まってさらに進行するものとされている。

また一方で認知症は、その主な症状として認知機能の低下があることから、進行に伴い自力での日常生活が困難となってくるのだ。また根本的な治療法は確立されていないがその進行を遅らせることは可能であり、こうしたことからも早い段階での気づき及び介入が重要となる。

そうした中、神戸市では認知症における早期での発見及び介入をその目的とする、神戸モデルの構築を図っておりそれを踏まえ此度、神戸大学及びWHO神戸センターが手を組み3年に渡る共同研究を、開始させることとしたのである。

スクリーニング調査及び認知症啓発プログラムの実施

今回行われる共同研究では、神戸市に在住する住民を対象とするスクリーニング調査や、地域における認知症啓発プログラムが主に行われる。これらを通じ早い段階での発見及び治療の開始を図っていくのだ。

加えて、当該研究は同年9月に開かれるG7神戸保健大臣会合公式サイドイベントにて、概要が発表される。

▼外部リンク
WHO神戸センターと神戸大学、認知症の早期発見・早期介入をめざす「神戸モデル」構築に向けた共同研究を開始


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  2. 29/26 19:00~ テレ朝「たけしの家庭の医学」、脳を若返ら…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  9. 9「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る