「脳力」アップ! シニアのための折り紙ドリル

2016年10月28日

折り紙で脳力を120%に活性化

主婦の友社が発行する「ボケない!老けない!シニアのための絶対脳力を120%ひきだす折り紙ドリル」を紹介します。 監修は久保田競(くぼたきそう)京都大学名誉教授と、日本折紙協会で、B5、80ページ、価格は950円(税別)。

大脳生理学の権威・久保田競名誉教授

監修の久保田競名誉教授は1932年、大阪生まれ。東京大学医学部を卒業後、同医学部脳研究施設講師、京都大学霊長類研究所教授などを歴任、2011年には瑞宝中綬章を受章しており、大脳生理学の分野では権威として知られています。

また、川島隆太東北大学教授や澤口俊之元北海道大学教授といった一般にも知られている研究者を指導、脳に関する著作も多数発表しており、現在は国際医学技術専門学校副校長などを務めています。

完成図から折り方を考えてみる

この本では一般的な折り紙テキスト本には見られない折り紙を掲載。完成品の写真から折り方を想像したり、設けられている制限時間内での完成を目指したりするなど、老けずに若々しくあり続けるために必要な、脳の活性化に効果的なトレーニングが多数紹介されているのです。

▼外部リンク
ボケない!老けない!シニアのための絶対脳力を120%ひきだす折り紙ドリル

▼購入はこちらから


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  10. 10オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
このページの
上へ戻る